収納提案やお片付けサポートを通して、日々を忙しく過ごすワーママや子育て真っ最中のママ、これからを羽ばたくマダムへ、暮らしやすいすっきりした住まいと、心と時間の余裕を手に入れるお手伝いをしています。

  • 来春お引越しをする新大学1年生さんへ~横浜のお片付け屋さんの日記~

    2020年11月3日

    こんばんは。

    先月は息子のお引越しについてつらつらと書きました、お付き合いくださいましてありがとうございました。
    引っ越し中継のようでしたが・・・一つの例として参考になれば幸いです。

    さて、また受験の季節がやってきます。
    受験生の皆様には、風邪にもインフルにもコロナにもかからず、最高の力を発揮できるよう心からお祈りしております。



    受験が終われば喜ぶ暇もなく今度は入学の準備、お引越しの準備です。
    怒涛の3月です。
    なので、少し早めにお引越しに関する事情を、経験からお伝えしておこうと思います。


    3月になってようやく進学先(お引越し先)が決まる新大学1年生の方は

    お引越し業者さんに頼まずに、
    ダンボール箱で荷物を送るとか、マイカーで引っ越すとか、レンタカーを借りて荷物を運ぶ、などしたほうが賢明です。

    お引越し先で大型のもの(家具・家電など)は揃える方が返って安上がりです。
    ニトリやリサイクルショップを利用すれば、かなり出費も抑えられます。


    3月4月の引っ越し代金は目が飛び出るくらい高いですし、業者さんも1日に3つの現場へ行くくらい忙しく疲れています。
    特に去年くらいからは、3月に入ってからの予約はほぼ無理です。


    我が家の息子も去年(2019年)の3月に受験が終わり、さあ行く都市も決まったのでお引越し準備を・・・と思い、
    業者さんを当たってみても、どこも入学式前の引っ越しをしてくれる会社はゼロでした。

    ちなみに「頼めるとして単身パックの金額は?」
    と聞いたら
    横浜から関西へ運ぶのに「30万円」と言われました。

    30万円って・・・

    現実的ではない。



    ということで、我が家はマイカー引っ越しを決めました。

    衣装ケースと本と布団と身の回りのものだけを車に積んでのお引越し。
    確実に要る家具は先に家具屋さんで購入して、日付指定でお届け先をお引越し先住所に。
    ベッドと椅子は、引っ越し先の隣町の実家から余っているものをいただくことにして。
    細々は向こうで買い足して。

    お引越し先が決まるということは家の間取り図は手に入るはずです
    お部屋のサイズ・採寸資料なども聞けば教えてくれるはずですので、レイアウトくらいは考えておくといいです。


    自分で準備をしなくてはいけない子もいるかもしれません。
    知らない町で、新しい暮らしと新しい人間関係になじんでいく子供を思うと、親としては何とも心がぎゅっとつかまれる感じですね。


    来春に地方から横浜・東京にお引越しが決まった新大学生の方へ、入居が決まったら、レイアウトや家具家電購入のアドバイスくらいはできますので、もしお困りの際はご連絡くださいね。
    少しは不安が消せるかもしれません。
    お子様を遠くへ手放す置す親御さんの気持ち、よく分かりますので。



    P.S.寮に入るという選択肢もあります。
    (寮に入るのも結構大変と聞いたこともありますので、早めに調べてください)





    katasu工房は

    はやくおうちに帰りたい
    うちが大好き
    と思う人で世の中をいっぱいにしたいと思っています

    働くママ
    子育て真っ最中のママ
    暮らしを変えたい女性
    を応援しています

    心も住まいも快適になりたい方はぜひこちらもご覧ください

    ↓↓↓

    katasu工房
    https://www.katasukoubou.com/74444/


    お問い合わせ
    https://katasukoubou.com/74444/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/













    ?Gg[???ubN}[N??