収納提案やお片付けサポートを通して、日々を忙しく過ごすワーママや子育て真っ最中のママ、これからを羽ばたくマダムへ、暮らしやすいすっきりした住まいと、心と時間の余裕を手に入れるお手伝いをしています。

  • 子供を叱らなくなったきっかけ~横浜のお片付け屋さんの日記~

    2021年1月8日

    こんにちは(^^)

    1月は背筋を伸ばしてシャキッとし直すいい機会なので、初心に戻るべく、私が変わるきっかけになった出来事を書いてみます。

    その気づきによって、私は子供をあまり叱らなくなり、そして自分が嫌いなことと少しずつ向き合えるようになり、継続することの大切さを学びました。
    その継続もゆるゆるですが個人差ということでご容赦ください。

    気づいてよかった~と、思ってます。

    片付けや整理収納とは関係ないようで、実は片付けの苦手意識や嫌なことと向き合うマインドが自分の中では繋がっていて、
    もしよければ最後まで読んでみてくださいね。
    (あるいは今回だけで終わらず次に持ちこしになるかもしれませんが)


    かれこれ10年以上昔、まだ長男が小学生の頃、彼はサッカークラブに入っていました。
    ある日試合がありその応援に行きました。
    その試合は残念なことに負けてしまいました。
    試合に負けて泣く長男、ものすごく悔しがっていました。

    帰りに車の中でまだ泣いている息子に向かって私は
    「負けて悔しくて泣いていいのは一生懸命練習をした人だけだし!
    適当に練習しといて、試合の時だけ一生懸命やったってそりゃ負けるわ。」
    と無情にも言い放ちました。

    と言いながら、心の中では違う感情がムクムク・・・
    「私はそんな偉そうなこと言って、何か今、一生懸命やってることってあるかな・・・」
    と気づいてしまったのです。
    もしかしてそう言っている自分が一番ダサい?

    やってもない人に言われてもなんにも重みがないよなって。
    言ってて、自分の言葉が空回りした感じがすごくしました。

    こりゃ中学生になったらもうそっぽ向かれて「クソBBA」くらい言われるのがオチだなと。笑

    それは悔しい。

    で、結局、対抗できる自分になるために、嫌いなジョギングを始めることにしたのでした。
    とはいえ、仕事に支障のない日の朝のみ、週2~3回といったゆるいものですが(^^;)

    いきなりガツガツやると挫折するのは分かっていたので「続ける」ということを第一目標にしました。

    元々嫌いな部類(苦手を通り越してます)のものを、朝に「えいっ」と着替えて外に出るのは10年経った今でも心の中で闘いがあります。
    でも、一歩外へ出てしまえば案外気持ちよく走れることも知ったので、今はそれほど苦ではなくなっています。
    そして、走らない日が何日か続くと、時間を作って走ろうと思えるようになりました。

    子供に「やってない人に言われたくな~い」と言われないように。
    もはや母の意地。笑

    でもそうやって苦手と向き合っていたら、
    子供に対してあまり怒りの気持ちが湧かなくなりました。
    むしろ頑張ることの大変さや自分の根性のなさが際立ってくるというか・・・笑
    だから、自分がこんなだから子供に対しても大きなこと言えないな、と思うようになり、逆に
    「気持ち分かるわかる」
    と思うようになりました。
    子供も結構頑張ってるんだよなって。

    (そうなってくると、なぜか不思議と、言わなくても子供は頑張り出すから不思議です。)


    長くなりそうなので今日はここまでにします。


    katasu工房は

    はやくおうちに帰りたい
    うちが大好き
    と思う人で世の中をいっぱいにしたいと思っています

    働くママ
    子育て真っ最中のママ
    暮らしを変えたい女性
    を応援しています

    心も住まいも快適になりたい方はぜひこちらもご覧ください

    ↓↓↓

    katasu工房
    https://www.katasukoubou.com/74444/


    お問い合わせ
    https://katasukoubou.com/74444/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/



    ?Gg[???ubN}[N??